読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きまぐれお散歩のブログ

趣味のラーメン食べ歩きやお出かけやDVDやジオラマや本のおはなし☆おはなし☆

前職に出戻りました。

こんばんはRINNEです
気づけばもうすぐゴールデンウィーク・・ほんと1日1日が早いっっ

 

 

さて表題の通り、
4月から前職に正式復活した
しかも給与大幅アップでさらにボーナスも大幅アップ予定
37歳既婚者女性で1度退職後にこの条件で戻れるのはなかなかないかもしれない。。

 

 

私の職業はWEBディレクター
WEBだけでなくシステム開発のディレクターもやったりしている
退職後1年間は、専業主婦を楽しみながら勉強しにいったり、前職で一からディレクターをやっていたシステムに絡む件だけは手掛けていたんだ

 

そして今年
父の49日が明けた後に、ふともう一度社員でどこかで働こうと思いたち、IT関連の会社を探して受けたりしていたのだけど、ちょうどそのタイミングで前職にて私の代わりに入った子が辞めたということもあり、社長と話をし出戻ることになった

 

よく出戻ることになったなぁと思うwwww

 

 

さてそんな変わった経験をふまえ
前職に好条件で戻る方法について、そして前職に戻るメリットについて記載したいと思う

 

【前職へ戻るメリット】

 ・会社の雰囲気や仕事の内容をわかっているので、すんなり仕事がやりやすい
 ・前職の良い点悪い点をわかっているので対処しやすい
 ・過去の経験をもとにある程度耐性がついている
 ・自分のことを会社も知っている分にお互い歩み寄りやすい

 

さて大きなメリットは、自分ができる仕事、入ってすぐに出来る仕事が明確なのが一番かと思う。私もメインのディレクションから戻り、少しずつまた新しいWEB案件のディレクションを手掛けていくことになる。
また、私は偏頭痛もちであるのは社長も社員も知っているので、体調がすぐれないときは自宅で対応または休みをもらうなどの融通も聞き易い
更には過去イライラした点の対処も前に比べ身についていると思う
一度離れて外からみた分に、イライラする出来事があっても遠くからまるで観察するような冷静さが備わった気がする

 

【前職に好条件で戻る方法】

 ・良好な関係を築いておくこと
 ・仕事の引き継ぎをきちんと行い、退職後も何かあれば相談に乗りますというスタンスを持っておくこと
 ・前職の社員の方との適度な連絡を保つこと
 ・前職の中で1つでも良いので他の人に負けない大きな強みを持っておくこと

 

私の前職(今働いているから現職?)は、中小企業で少人数だけど手掛けている案件は全国規模のでっかい仕事ばかり
そんな中で1人の人がやる仕事幅は広い
私は広く浅く制作もやるし、資料も作るし、提案や細かいディレクションと他の人たちよりも更に幅広かった
そんな中で私が社長から言われた褒め言葉がある

 ・デバッグがすぐれている(今まであった中で1番といわれた)
 ・仕事がものすごく早い(私が1人辞めるにあたり3人は最低雇う必要があるといわれた)
 ・システム絡みの理解ができ提案ができる

 

そんな私も入った頃はパワーポイントすら使ったことがなく、制作もPCサイトのみだった。ディレクション経験も0。そこからいつか社長に辞められたら困ると言われる存在になってやる!と奮起し、気づいたら本当にそうなっていた笑

 

 

色々あって辞めるにいたったわけだけど、やっぱり前職の仕事が好きだったんだとこの1年で痛感した

 

 

まだ戻って正式に1か月もたっていないけど
この会社の仕事がとても面白いと感じている

 

父も前職との縁を切るなと病床でも言っていた
49日を過ぎたあとに流れで気づいたら戻ることになったのは、父の大きな導きがあったんじゃないかと思う

 

 

さぁ新しい気持ちで
お仕事頑張るぞ♪